ホールのご利用案内

 

HOME > ピロティホールのご利用について

ピロティホールのご利用について

当ホールは、すぐれた舞台芸術を提供することを目的としております。
ホールの使用に関しましては、ホール主催事業を優先させていただく場合がありますので、
あらかじめご了承願います。

※2011年1月15日現在。この使用規定は、当社の判断で適宜改訂することが
 あります。改訂後の適用開始は使用契約書の締結時からになります。



ホール設備案内

舞台設備 ―― 平面図備品一覧1備品一覧2
音響設備 ―― 備品一覧(準備中)
照明設備 ―― 機材一覧・設備一覧・CL,FR回路図
楽屋設備 ―― フロア図面、備品一覧(準備中)


お申し込みについて

1.申し込み受付開始日は仕込み・撤収日を除く本番公演日数(休演日も含む)により異なります。

本番公演日数 15日以上 使用日の18ヶ月前の月の1日から
  3日以上14日以内 使用日の12カ月前の月の1日から
  2日以内 使用日の6カ月前の月の1日から(1日が土・日・祝日の場合は、翌営業日)

サブホールは使用日の1カ月前から申し込みを受付を行っております。

2.申し込み受付期間は、平日11:00〜17:00(月〜金)です。

3.使用申込は、使用責任者ご自身が、所定の「使用申込書」に、必要事項を記入の上、

当ホールに直接お申し込みください。
申し込みの際、公演計画書と資料(公演企画書、過去の公演プログラムおよびチラシ等)を提出していただきます。郵送、電話、FAX、メールなどでの受付はできません。

4.ご提出いただいた書類を検討のうえ、1カ月以内に当ホールより使用の可否のご連絡をします。

5.当ホールからのご連絡後、ご使用の場合は3週間以内に使用申込書(契約書)を記入・捺印の上、提出していただき、

予約金(使用料の10%使用料に充当)をお支払いください。
なお、使用者の都合による解約の場合、予約金・使用料の返還はできません。

6.使用料の残金は、使用開始日の6カ月前(2日以内の利用の方は3カ月前)に使用料の40%を、

使用開始日の2週間前までに残りの全額をお支払い下さい。
なお、支払い期限までに手続きが完了いただけない場合は申込みを取り消されたものと判断いたします。

7.ファックス・コピー・時間外延長に伴う実費等の諸経費分に関しては、公演終了後、請求書をお送りしますので、

請求日より2週間以内にお支払いください。

8.当ホール使用の権利を譲渡・転貸することはできません。

9.使用当日の1カ月前までに、当ホールの運営責任者、各技術責任者と詳細な打ち合わせを行ってください。

お問合せ:06-6944-1151

10.公演告知等の広報宣伝は、使用申込書の締結と予約金のお支払いが済んだ後、開始してください。

11.サブホールの使用は上記の限りではありません。



ご利用時間

1.基本使用時間は、9:00〜22:00の13時間です。

2.使用時間には、会場準備・搬入・搬出・仕込み・リハーサル・撤収およびホールの現状復帰等の時間を含みます。

3.基本使用時間外の延長使用については、事前(原則2週間前までに)ご相談の上、当ホールの運営責任者の承諾を受

けてください。また、深夜作業の際に発生する当ホールスタッフ宿泊代、または深夜タクシー(交通費)代・電気代
などは実費をいただきます。



劇場料金表

※2010年5月1日現在

座席数1,030席/別に車椅子スペース6席分 ※オーケストラピット使用時は108席減(A〜D全席)

基本使用料 
使用時間 平日 土・日・祝
A.9:00〜22:00(13H) ¥750,000 ¥850,000
B.9:00〜17:00(8H) ¥500,000 ¥600,000
C.12:00〜22:00(10H) ¥600,000 ¥700,000

※消費税別途

料金に含まれるもの ・ホール費
・付帯設備費(ホールの付帯機材一式)
※持ち込み照明機材にかかる電気代は「1kw x 200円 x 公演日数」として別途請求されます
※ホール備品のカラーフィルタ使用も別途請求されます
・舞台管理人件費1名
※照明、音響の管理人件費「2名 x 50,000円 x 公演日数」は別途請求されます。
※利用内容により増員・管理増員をお願いすることがあります。その増員・管理増員については別料金となります
管理増員が必要な場合
・受付人件費 5名(もぎり 2名・場内案内 3名)
時間外延長使用料金 1時間につき¥70,000(消費税別途)
※延長作業の人件費、電気代、深夜作業にともなう宿泊、タクシー代(交通費)は実費を
 ご負担ください。
割引

・仕込日・休演日割引
  基本使用料・延長使用料を5割引

・長期利用割引
  連続14日以上使用の公演は基本使用料・延長使用料の総額から1割引



変更および解約について

1.使用承諾後の使用申込書(契約書)に記載された内容の変更は認めません。

2.使用承諾後に、使用者の都合により使用解約された場合は規定の解約料金をいただきます。

3.使用開始日の6カ月より(2日以内の利用の方は3カ月)前に解約された場合、
使用料の50%をいただきます。予約金の返還はいたしません。

4.使用開始日前6カ月(2日以内の利用の方は3カ月)以内に解約された場合、
使用料の100%をいただきます。

5.解約金等の返済やその他の損害賠償には応じられませんので、十分にご注意ください。



官公庁等への届出

1.関係官庁への届出は、使用日初日に間に合うよう、使用者側の責任で行ってください。

また、受けられた認可証は提出していただきます。万が一、届け出の不備により開催が不能になった場合、
ホール側に責任はありません。また、使用料は返却いたしません。

2.ホールでの火気・危険物使用の場合、ホール技術者と事前に打ち合わせを行ってください。
TEL:06-6944-1151(代表 11:00〜17:00)

3.火気および危険物関係所轄

大阪市消防局中央消防署警備係
大阪市中央区内本町2-1-6 TEL:06-6947-0119



ご利用の制限

1.ホールの設置目的に照らし合わせて、会場使用が不適切と判断された場合、お断りする場合があります。

すでに承認している場合、あるいはご使用中でも、使用を中止、もしくは設備等の修復、改修、営業補償を含む損害補償等をして頂く場合がございます。
       また、以下の事柄にあたる場合も使用の承認を取り消し、その際に生じた損害について賠償はいたしません。

1) 公の秩序、風俗を乱す恐れがあると認められる場合
2) 使用申込書(契約書)の記載に偽りがあった場合
3) 当ホールの使用規定、もしくはそれに基づく注意事項に従わなかった場合
4) ホールの建物、および付帯設備を破損または滅失恐れがあると認められた場合
5) 使用の権利を他に譲渡または転貸した場合
6) 管理上支障があると認められる場合
7) 当ホールの運営責任者が、ホール運営上不適切と診断した場合
8) 関係諸官庁から中止命令がでた場合
9) 大規模地震対策特別措置法により、警戒宣言が発令された場合



不可抗力による中止について

使用者側の責任によらない不測の事故や災害のため、当ホールが使用できなくなった場合は、別途協議の上、不可抗力と認められた場合に限り、使用料の一部または全額を返還いたします。ただし、この際に発生する使用者の損害に関しては、責任を負いません。



その他注意事項

1.消防法上、入場定員は守ってください。来場者が開演前・開催中に多数集まった場合は、

使用者側で整理してください。ホール側は責任を負いません。

2.所定場所以外での喫煙・飲食は禁止です。

3.指定場所以外での火気・危険物の持ち込みは禁止です。

4.幕・大道具類は、防火加工の処理をしてください。

5.付帯設備のご使用は、当ホールの運営責任者に申し出てください。

6.搬入出を含む、使用中の事故の責任、および賠償は使用者側で負ってください。

使用期間中に施設内において生じた使用者の所有物の盗難・破損等の全ての事故について、
当ホールは賠償の責任を負いかねます。

7.承認を受けていない施設へは立ち入らないでください。

8.避難誘導方法・避難経路については相談の上、必ずご確認ください。

9.祝儀・心付けは禁止しています。

10.使用終了後、ホール担当者立ち会いの元で原状復帰をお守りください。

ホール使用の際に発生しましたゴミの処理については別途料金をいただく場合がございます。

11.不測の事故、ストライキ、災害等のため、当ホールの使用が不可能となった場合、

このために生じた損害の賠償は受け付けません。

12.規約をお守りいただくとともに、規定外のことはすべて事前協議とします。

13.下記の事項は禁止しておりますのでご注意ください。

1) 喫煙場所以外での喫煙
2) チューイングガムの持ち込み
3) 火気・危険物・びん・かん類および紙テープ・コメット類の持ち込み
4) 下駄・木製サンダルでの入場

14.次の事項は、原則として禁止しておりますので、必要がある場合は承認を得て下さい。

1) ホール敷地内およびホール内での展示、物品の配布、販売、宣伝、撮影、録音、 寄付行為など
2) 旗、のぼりなどを立てる、貼紙、くぎ打ちなどをすること
3) 酒類、飲食物等の持ち込み



使用に際して

1.関係者の入館・退館はホール指定の経路でお願いします。

2.主催者指定のPASSの着用をお願いします。

3.ポスター類の掲示は、当ホール係員の指示に従ってください。

4.使用時間中、使用責任者の方はいつでも連絡が取れるようにしておいてくださ い。

5.控室、施設、楽屋での事故、盗難防止に努めてください。

6.仕込み、およびリハーサル中の食事休息は必ずお取り下さい。

7.周辺の住宅および店舗等の迷惑にならないよう、来場者の整理・誘導をお願いし ます。



物販ほか

1.上演に際して物販を行う場合は、事前に連絡の上、打ち合わせ後、指定場所で 行ってください。

(ホールへの物販手数料はございません。)

2.収録物販売のための収録行為は、事前に連絡の上、承認を得てください。(有 料)

ラジオ収録・CD収録など\50,000

テレビ収録・DVD収録など\100,000



会場周辺事情

1.搬入出に関して、警備員の配置をお願いします。

搬入口は一般道(歩道)に隣接しております。一般歩行者の安全確保のため、
手配および負担で警備員の配置が必要です

2.ホール周辺は一般住宅街です。早朝、深夜のみならず、終日、マナーのある行動 にご協力下さい。

来場されるお客様のご案内も同様にお願します。



管理増員が必要な場合について

1.舞台

・電動バトンによる大道具の吊り込みがある場合
・舞台転換の為、複数の電動バトンが同時昇降する場合
・本番中、ピアノ(ホール備品)の転換がある場合
・オーケストラピットを使用する場合
・大道具吊物撤収時に電動バトンの昇降がある場合
・ホール備品管理が生じる場合(所作台の使用等)

2.照明

・ホールの調光卓を使用する場合(持ち込み卓でもホールパッチや設定がいる場合を含む)
・ホールのDMX回線を利用する場合
・1ボーダー(手動)、3ボーダー(手動)、アッパーホリゾント(手動)、美術バトン(電動・手動)に照明機材をつり込む場合
・持ち込み機材が50台を超える場合
・バラシ時は舞台や音響と同時作業になり、照明バラシも複数(現状復帰、機材片付け、員数チェックなど)の作業が同時に行われるため必要

3.音響

・会館で音響を行う場合(1〜3名)
・会館の設備のみで音響を行う場合
・その他会館を通常運用以外で仕様の場合(セミナー等)
・その他事前の打ち合わせで音響管理者が増員が必要と判断した場合

4.共通事項

・タイムテーブル上で休憩時間がはっきりしなかったり、当日におす可能性がある場合
※休憩時間が定かでなく、食事休憩など交代要員が必要
・その他事前の打ち合わせでホール管理者が増員が必要と判断した場合
以上、一つの項目でも当てはまる場合、管理増員が必要です
尚、ホール発注の増員が2名以上ある場合は、1名がそれを兼任できます

会員登録はこちらから

ご来場の方

施設をご利用される方

お問合せ

お電話からのお問合せは06-6944-1151

森ノ宮ピロティホール

関西文化振興協会

〒540-0003
大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5